灯台の夢占い

投稿日 2021.04.30 更新日 2021.04.30
Pixabay

灯台を見る夢は、先見性や洞察力を意味するシンボルとなります。夢主の先を見通す力を暗示しています。現在、夢主が取り組んでいる課題のようなものがあれば、直近で大きな成果を上げるのは難しいようですが、将来に必ずや何らかの形で自分に帰って来ることを告げています。近くから灯台を見上げたり、灯台の上にいるのがポイントです。また、夢の中での背景や時間帯によってニュアンスが微妙に変わります来ます。夜間、遥か遠くから灯台を見つめるのは、夢主の希求心の表れで、ややロマンティストであるようですが、現状において現実的な目標や人生設計などがない点を指摘、警告しています。灯台下暗しなることわざもありますが、夢占いの世界に限って、それは遠くから灯台を眺める場合に該当するようです。まずは、足元の基礎を固めましょう。